不動産業界におけるIoTの活用事例やメリットをご紹介

IoTのイメージ画像

不動産業界におけるIoT導入の現状は?

インターネットで遠隔操作できるセンサー機能を活用したIoT機器を導入することで、物件の入居者に快適な生活の提供をすることが可能になります。

物件の不動産価値の向上はもちろんですが、少子高齢化が進む日本の人口構造にも対応していきます。

今回は、さまざまなIoT機器の中からいくつか厳選してご紹介します。

 

INDEX

1.IoTとは?
2.不動産業界でのIoT活用
3.不動産業界で使われているIoT
・スマートロック
・スマートスピーカー
・ネットワークカメラ
・人感センサーを使った見守りサービス
4.不動産業界におけるIoT導入のメリット・デメリット
まとめ

 

1.IoTとは?

「IoT」とは「Internet of Things」を略した言葉で、意味は文字どおり「モノのインターネット」です。

つまり、モノがインターネット経由で通信することを意味します。

 

ネット接続が可能な媒体が限定されていたひと昔前とは異なり、現在はスマホやタブレット端末などが一般家庭に普及し始めました。

そのことにより、音声や映像、写真、テキストなどのあらゆる情報がネットを介してデータ活用されています。

 

また、ここ最近は今までネットに繋がっていなかったテレビのリモコンやドアのカギなども遠隔操作できるようになっていて、

防犯や便利さ、住みやすさといった観点から多くの人から注目されています。

 

IoTは不動産DXに深く関わる要素であり、ひと言で「IoT」といっても、その用途は多岐にわたります。

主なIoTの機能は次のとおりです。

 

  • 部屋の湿度や温度を知る
  • 振動や落下などの物の動きを知る
  • ドアの解錠・施錠をする
  • 音声操作で情報収集や音楽を流してくれる
  • 遠隔操作のカメラでペットや家族の様子を撮影する

 

他にもたくさんの機能がありますが、IoTはこれらの機能を備えることにより生活の問題を解消し、より快適で便利な暮らしへと導いてくれます。

IoTの構想は2000年代前半からありましたが、近年はテクノロジーの進歩やコストの低下によって、さまざまな分野で導入が進んでいます。

 

 

2.不動産業界でのIoT活用

ここ数年で、不動産業界の中でもとくに住宅分野でのIoT導入は急速に進んでいます。

 

今までは「住居」という物件として住まいの貸し出しや販売を行っていた不動産業界も、IoT機器を整えている物件やIoT機器そのものを紹介することで、

子どもから大人、高齢者や介護が必要な人の生活の利便性をより向上させることができます。

 

住居のリノベーション工事などは大きなコストが発生しますが、IoT化は低コストでできるため、導入しやすいのも大きな魅力です。

 

IoTの導入や案内は、今後不動産DXを進めていこうとしている不動産事業者にとっても欠かせないものとなりつつあります。

今後も市場規模がより拡大することが見込まれているので、不動産事業者の方はぜひこの機会にIoT機器の特徴を抑えておきましょう。

 

 

3.不動産業界で使われているIoT機器

ここからは、実際に不動産業界で使われているIoT機器を4つご紹介していきます。

 

・スマートロック

スマートロックは、不動産業界で最も普及しているIoTのためご存知の方も多いのではないでしょうか?

通信機器を使って、住居のカギを自動に開閉するIoT機器。

スマホからカギを解錠したり、スマホがなくても専用の端末を使えば、ドアが解錠できるタイプもあり、非常に便利です。

遠隔地からの操作機能やオートロック機能、開閉履歴の確認機能、入退去時に今までのカギが無効化できる機能なども搭載されています。

 

いろいろな機能が付加されているスマートロックですが、不動産事業者にとっては、カギの受け渡しがなくなることが一番のメリットでは無いでしょうか?

前回の記事で少し触れた「セルフ内見」(入居希望者自身だけで物件に訪問してもらい、勝手に内見してもらう)をする際にとても便利です。

どちらにとっても時短に繋がりますし、内見のアポも取りやすくなります。

 

スマートロックは、設置も簡単で使いやすく、盗難や複製、カギの締め忘れなどの防犯対策にもなるため安全性も高いです。

現在は住居だけではなくオフィスの施錠にスマートロックを取り入れている企業も多いので、不動産DXをより進めたいなら抑えておきましょう。

 

一方、引き戸には対応していないものが多かったり、スマホの充電やスマートロックが電池切れになっている場合は中に入れない可能性も。

導入コストも発生するので、お客様が導入に悩んでいたらメリットとデメリットを正しく伝えて検討してもらいましょう。

 

その際、スマートロックの中には穴あけ工事が必要なタイプや、両面テープによる貼り付けタイプなどがあるので、それぞれの取り付け方法も合わせて伝えるようにしてください。

 

ちなみに、スマートロックは販売価格が1万円~5万円ほどです。

シリンダー交換をしたり、穴あけ工事を行う場合はさらに3,000円~5,000円費用が発生します。

また、使用中は定期的に電池を交換する必要があります。

 

 

個人的な話になりますが、スマートロックはわたしも2015年から利用しています。

前職の貸し会議室屋さんで無人の貸し会議室をオープンしたのですが、その際に導入。

部屋の前に固定電話を設置して、利用者はそちらからコールセンターに電話をすると、

コールセンターはホームページ上のスマートロック管理画面で「Open」をクリックして、開錠。

正直に言うと、その当時はスマートロックに結構苦労しました…

取り付けが両面テープによる貼り付けタイプだったのですが、粘着が弱くて取れてしまいクレームを受けたり。

タブレットを介してBluetoothで開閉するタイプでしたが、そのタブレットが熱膨張で壊れてしまったり。

当時の失敗例を挙げましたが、今は電池の残量アラーム機能が当たり前であったり、スマートスピーカーとも連携したりなど、かなり機能面での改善がなされています。

 

スマートロックQrioLockの画像

スマートロック「Qrio Lock」のウェブサイト

 

今は、自宅のドアに「Qrio Lock」を取り付けていますが、かなり便利に使えています。

こちらは、スマートフォンをポケットに入れておくだけで、ドアに近づくとカギを自動開錠します。

スマートフォンに入れた専用アプリが、Qrio Lockの位置情報を取得して開閉を行います。

そのため、カギを取り出したり、探す手間を省くことができるのです。

つい先月、まさかの古傷が再発して松葉杖生活をしていたのですが、その際はめちゃくちゃ助かりました。

両手がふさがっていたため、カギを取り出す行為は一苦労だったので。

スマートロックを設置していて、本当に良かったと感じた一体験です。

ちなみに、普段でも買い物などで両手がふさがっている際は便利に使えています。

 

 

・スマートスピーカー

スマートスピーカーとは、音声による認識と操作が可能なIoT機器で、AIも搭載。

スマートスピーカーに対応している家電と接続することで、AIに話しかけるだけで機器の操作ができます。

 

具体的には、テレビを消す、音楽をかける、メールの送受信を行う、といった操作が呼びかけをすることでできるようになります。

 

スマートスピーカーは、現在賃貸物件に設備の一つとして元々備わっているところもあるなど、近年需要が急速に高まっているIoT機器のひとつです。

 

口頭のみの指示で生活に必要な電子機器の操作ができるようになるので、高齢者や体が不自由な方にもおすすめです。

住宅のバリアフリー化にも繋がっていきます。

生活の利便性も向上しますし、あらゆるシーンで役立てることができます。

 

スマートスピーカーが搭載されているAIは「Googleアシスタント(Google)」や「Siri(Apple)」、「Clova(LINE)」、「Alexa(Amazon)」などです。

音楽を流してくれたり、その日のニュースを教えてくれたり、天気予報をチェックしてくれたりなど、それぞれのスマートスピーカーによって機能が異なるので、

お客様に紹介することがあれば、希望の機能などを伺っておすすめのものを提案しましょう。

 

スマートスピーカーAlexaの画像

Amazon「Alexa」のウェブサイト

 

わたしも自宅に「Alexa」(手ごろな価格のEcho Dot 第3世代)を購入していますが、

先日訪問した弊社のサービス「ラクテック反響倍増くん」を導入いただいている不動産会社さんも店頭に設置されていました。

お客さまの来店があると、「アレクサ、ポップスかけて」と話しかけてBGM代わりに利用していました。

開店前は、ニュースを聞いたりスケジュール確認していると言われていました。

どんなふうに話しかけたらいいかなどの「活用ガイド」もメール通知されるので、いろいろ試しながらAIに学習してもらうことができ、より機能的になっていきます。

 

 

・ネットワークカメラ

家に高齢者の家族や小さな子ども、ペットなどがいるかたは外出中家の様子が気になりますよね?

ネットワークカメラは、そのような方にピッタリなIoT機器です。

室内にカメラを設置すれば、パソコンやスマホで家の中の状態を確認できます。

 

取り付けも簡単なことに加え、価格帯もリーズナブルになったことで、現在住宅で取り入れる方が増えています。

有線タイプと無線タイプのものがありますが、天井付近に設置する場合はLANケーブルの接続が難しいため無線タイプのネットワークカメラがおススメです。

 

ネットワークカメラには24時間録画ができるタイプや、画素数が高く文字なども鮮明に確認できるタイプ、画角が広くより広い範囲を撮影できるタイプ、

録画のオンやオフを遠隔操作できるタイプなどがあるので、お客様の用途に合わせて提案しましょう。

子どもがいるお客様にはマイクスピーカーが付いているタイプ、屋外に設置される場合は、防水機能が搭載されているものを提案するのがおススメです。

 

ネットワークカメラは防犯を強化できるほか、外出先から子どもや高齢者などの家族の様子を確認できるので安心です。

低コストで導入できるので、ペットや小さなお子様、高齢者のご家族がいるお客様に提案してみてはいかがでしょうか?

 

 

・人感センサーを使った見守りサービス

高齢者の見守り環境の視点で、注目されているのが「人感センサー」。

人感センサーで部屋の温度・湿度・人の動きをリアルタイムで計測可能です。

 

こちらについては機器というよりも、少しサービスに偏った話になります。

少子高齢化にともない、高齢者の一人暮らし世帯が増えています。

仮に一人暮らしの高齢者に対して、健康上の危険が及んだ場合に発見が遅くなってしまうことも十分に考えられます。

人感センサーを用いれば、起床・就寝時間と部屋での様子が分かります。

月ごとに1か月のデータをAIが解析し運動量が適切か、睡眠はしっかりとれているか、住環境に問題がないかなどのレポートを自動で作成します。

危険を察知した場合は、スマートフォンへプッシュ通知してくれます。

 

高齢の母親を持つ友人も、こちらのサービスを導入して活用していますが、このようなサービスは今後ますます活用されていくでしょう。

 

 

上記に紹介したIoTデバイスの数は、より高速で大容量の通信が可能な5G通信網の整備によって、今後も増え続けていくと予想されています。

 

4.不動産業界におけるIoT導入のメリット・デメリット

IoTの導入は、不動産業界においてもメリットがある一方で、デメリットも存在します。

具体的にいうと、セキュリティ面になります。

たとえば、IoT機器につないだスマートフォンを落としたり、ハッキングされた場合は以下のリスクが予想されます。

・機器を勝手に操作される

・機器の使用状況などの情報が流出する

・設置したカメラの映像が流出する

IoT機器やサービスを提供するメーカー側も、新たな認証方法を導入するなど対策を強化してはいます。

しかし完全にリスクを取り払うことは難しいため、利用者自身で管理を徹底することが必要となります。

 

その一方で、当然大きなメリットもあります。

例えば、今回は紹介していませんが、IoTのひとつである「スマートリモコン」は、複数の会社が物件を内見する際も、

アプリで訪問者を確認できたり、物件の設備を遠隔操作することが可能です。

 

また、元々IoTが導入されている物件なら入居者の満足度の向上に繋がります。

物件を紹介する際にその点も伝えられれば、成約率アップにもつながるでしょう。

 

IoT導入のマンションやアパートはまだそれほど多くないのが現状ですが、帰宅後すぐにお風呂を沸かせられる、電気をつけられるといったIoT機器を導入すれば、

その長所を伝えることでより付加価値をつけることができますよ。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

ご紹介した通りIoT機器を導入することは、生活の利便性を向上させるだけではなく、防犯対策にもなり、より安心・安全な暮らしへとつながります。

 

IoT機器はお客様の需要も高くなっているだけではなく、不動産事業者が仕事に導入することで得られるメリットが多いです。

IoTを内見に取り入れてデータ活用をしたり、遠隔操作で物件を紹介したりなど、業務効率化にも繋がるので、

ぜひ不動産DXを進めたいという不動産事業者はこの機会に導入を検討してみてください。