テレワークは本当に効率が良いのか、それとも悪いのか

テレワークは効率が良いのかそれとも悪いのか

コロナウイルスの影響で、テレワークの推進が世間的に広まってきましたね。

私自身も在宅によるテレワークをメインに、日々の業務を行っています。

不動産業界でも知人に聞くと、テレワークに切り替わったなんて話もよく耳にします。

今回はそんなテレワークでの業務について、説明できればと思います。

目次

1.テレワークについて
2.テレワークのメリットとは?
生産性・業務効率化の向上
コスト削減
3.テレワークのデメリットとは?
勤怠管理が複雑化する
セキュリティリスクが高まる
まとめ

1.テレワークについて

そもそもテレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、

場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

テレワークは、働く場所によって、大きく分けて4つあります。

  • 在宅勤務:自宅を就業場所とする働き方。
  • モバイルワーク:顧客先や移動中(電車や新幹線、飛行機の中)にパソコンや携帯電話を使う働き方。
  • サテライトオフィス/コワーキングスペース勤務:企業のサテライトオフィスや一般的なコワーキングスペースでの働き方。
  • ワーケーション:リゾートなどバケーションも楽しめるエリアでの働き方。

の4点がございます。

企業や組織の業務内容や役割分担、働く個人を取り巻く環境によって、最適なテレワークの取り組み方は様々です。

自社にとって、ご自分にとって最適な働き方とはどのようなものでしょうか?

ワーケーションは、このコロナ禍に出てきた働き方ですが、ぜひチャレンジしてください。

ワーケーションで働ける場所をシェアリングしているサービスもあったりするので、とても興味があります。

テレワークをしている画像
asian woman work from home with video conference app collaboration with colleagues with business chart on tablet.live streaming meeting.protect risk of being exposed to coronavirus (covid-19)

2.テレワークのメリットとは?

1.生産性・業務効率化の向上

在宅勤務の場合、自宅が仕事場となります。

そのため、社内業務中に発生していた予定外の打ち合わせや、顧客の訪問などで業務を中断されることがありません。

またオフィスに出社する必要もないため、満員電車などに揺られて出勤する必要がなく、通勤時の疲労や心身の負荷が軽減されます。

その結果、社員はより一層業務に集中できます。

そうなれば業務の効率化・生産性の向上が期待できます。

2.コスト削減

交通費やワークスペース家賃分の削減が見込めます。

出社する社員が減ることで、個々のデスクがなくても大丈夫だからです。

テレワーク利用者に定期的な出社を課している場合でもフリーアドレス制にしておけば、オフィスを効率的に利用できます。

また、紙の資料などをPDFで保管することで、保管スペースや印刷コストなども節約できます。

3.テレワークのデメリットとは?

1.勤怠管理が複雑化する

基本的オフィス外で働くことになるので、テレワークをする社員がどの時間働いたのかを管理するのが難しくなります。

社員の労働実態が把握しにくいと、勤怠管理が煩雑になり、長時間労働につながる可能性があります。

2.セキュリティリスクが高まる

パソコンやタブレットなどの端末を外部に持ち出して作業をするため、端末を紛失してしまったり、

画面を他者に見られてしまったりといった情報漏洩のリスクが発生します。

こうしたセキュリティリスクに対策するためには、セキュリティ対策ツールを導入することや、

持ち出しに関する社内ルールを明確に設定することが必要です。

企業によっては、ネットワーク環境にVPN(Vertial Private Network)接続を取り入れているところもあるようです。

VPNとはネット上に仮想の専用回線を設け、特定の人だけが使用できる仕組みとなります。

まとめ

メリット・デメリットを紹介しましたが、個人的にはどっちもどっちかなと思います。

テレワーク導入の為には、まず導入できる高い部門や人を選んでから導入してみるのが良いかもしれません。

ただテレワークを導入したことで、業務効率が悪くなった企業様もあるのも事実のためご注意ください。