今の業務のやり方を改善し、限られた人材で収益アップを図る

今の業務のやり方を改善し、限られた人材で収益アップを図る

業務改善の必要性

コロナ禍だからこそ今の業務のやり方を改善し、限られた人材で収益アップを図っていかなければならない。

Withコロナの状況下で、今までのやり方・考えを変えていかなければ、ビジネス衰退は避けらません。

管理者はそのことを十分認識をしなければなりません。

最優先課題になります。

若かりしころ、新入社員研修で、地方ITベンダー社長に研修を行なっていただきました。

その社長は、若干24歳で起業して、大手IT会社からお仕事を受注した武勇伝など語ってくれました。

会社経営についての話で特に印象的な言葉として、

企業経営は儲けることも大事だが、一番重要なのは存続し続けること」と言ってました。

東京商工リサーチの調査によると起業して10年経過した企業の生存率が23.9%と厳しい現実があります。

業務改善なくして、大幅な経費削減が見込めない….

業務改善のプロセスは、決して難しいものではありません。

難しいのは継続することです!

経営者の立場であれば、つねに経費削減が必須事項です。

現有資産を有効活用していくには、今までの個人に依存した俗人的な業務では、会社の成長に限界があります。
会社は組織でありチームであることから、業務においても当然チームワークです。

イトーヨーカドーが、セブンイレブン設立において、加盟店への業務の標準(マニュアル)化を徹底したそうです。
当然、マニュアル化を否定する人もいますが、少子化や社会環境の変化に対応していくためにも業務の標準(マニュアル)化は最優先課題です。

セブンイレブンはドミナント出店(チェーンストアが地域を絞って集中的に出店する経営戦略。

ある地域内における市場占有率を向上させて独占状況を目指す経営手法。)を進めてきました。

それによって、ブランド強化と合理性を追求した物流システムを構築し成果を上げることができました。

それができたのは、いち早くマニュアル化を進めて加盟店を徹底的に管理してきたからです。

どの時代にあっても業務のマニュアル化が必須であることは確かです。

しかし、どんなに素晴らしいビジネスモデルであっても、時間の経過とともに使えないものになります。
マニュアルも定期的に環境の変化に伴い更新が必要です。

人材不足と働き方改革が求められている現在で、コンビニの加盟店と本部におけるような問題が発生するのです。

さらにコロナ禍の状況下、東京都は9日、新型コロナウイルスの感染者が新たに224人となりました。

1日当たりの感染者数では緊急事態宣言下の4月17日の206人を上回り、過去最多で、中小企業への影響を避けられません。

先の見えないこれからのためにも、業務改善は必須ですね。

 

ではまずどこから手をつけたらいいのでしょうか?

費用として、必要経費か、必要ない経費かカテゴリ分けすることことから始めます。

次に必要経費を業務に落とし込んで分析していきます。
こちらの続きは、また別の機会にお話しさせていただきます。

 

2020年7月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です