新型コロナ第2波?! さらに求められる新型コロナ感染防止対策

新型コロナ第2波?! さらに求められる新型コロナ感染防止対策

新型コロナ感染防止対策としての業務改善方式

 

世界各地で、ロックダウンが解除され経済活動が回復基調にあると皆が期待していましたが、インドでは7月7日に再度ロックダウンする情報や、アメリカでは、1日に5万人の感染者がでています。

東京でも20-30代の最も活動的な人たちの1日の感染者が100人を超えて来週にはさらに倍増しそうです。新型コロナ感染防止対策として、外出禁止することが最も良い対策ですが、企業で働いている人たちは、事業を継続的に行わなければ、死活問題につながります。

企業の事業継続対策として、新型コロナ感染のリスクを最小限に抑えるために、テレワークをさらに推奨する会社が増加すると思われます。どうしてもテレワークができないと断言する前に、もう一度自分たちの業務を見直のため、業務改善を行うことが、新型コロナ感染対策としても有効です。

コロナ業務改善のキッカケ――“気づきのプロセス”と“自分が困るプロセス”

コロナ業務改善の“やらされ感”をなくする方法とは
コロナ業務改善と言われても、傍観者ばかりの“⁠無関心な現場⁠”で進める業務改善。もしあなたが部門の責任者や,改善活動の事務局など改善活動を率先する立場だったら,どのように進めていくでしょうか?

一般に,業務改善は即効性のある効果が期待されることが多く,どうしても現場には「改善効果のアウトプット」が早く求められます。しかし,そこには動かない現場。変わりたくない社員という大きな壁が立ちはだかります。あなたはそんな現場に対して,イラッとしてしまうかもしれません。

頭ごなしに「やれ!」と言っても,うまくいかないのは目に見えています。改善に対する“⁠やらされ感⁠”をなくし,当事者意識を持たせていくかが業務改善の成功の鍵となります。

上司や経営層から,「⁠無駄をなくせ!効率的に仕事をするために改善しろ!」と言われたときをイメージしてみてください。一般に,このような「曖昧な無駄をなくせ的改善」は,自分一人がやらなくとも,職場の誰かがやっていればいいので,人ごとで終わります。

“気づきのプロセス”と“自分が困るプロセス”を仕掛ける
どんなに無関心な人でも,自分に関係する,自分の仕事に影響があるとわかると,多少なりとも関心を示すものです。改善が自分の仕事にどう結びつくかが動機づけとなります。

「自分で問題を見出して改善しなくちゃいけないなぁ」という“⁠気づきのプロセス⁠”を改善活動のプロセスの中に入れることが大切です。渋々行う改善活動になってしまいます。しかし,無関心な現場ではまだまだ改善が見込めません。

無関心には,いくつかパターンがあります。そもそも,気づかない人もいれば,気づいて動く人と,気づいても動かない人がいます。気づくためには,他人から言われて気づくのではなく,自分自身で問題を発見する”気づく”というプロセスが必要です。

気づいても動かない人に対しては,多少なりとも強制力が必要ですが,強くかけ過ぎると反発を招きます。したがって,気づいたことを改善しないと“⁠自分が困るプロセス⁠”を仕掛けないとなりません。

「業務改善=意識改革」ではない
業務改善の成功の秘訣に,現場の社員の意識改革が最も重要だという人もいます。実際に,意識改革ができないと業務改善はできないと信じ込んでいる人は非常に多く,我々が話を伺う場合でも,「⁠当社の社員は意識が低くて,改善がうまく進みません」と言われます。

大事なことは,「⁠意識が変わる」よりも「行動が変わる」ことです。「行動が変わる体験を通じながら意識が変わっていく」ことが,学習という観点からは正しいのかもしれません。

業務改善には「箱モノ」と「魂」の両方が必要「仏作って魂入れず」という言葉があります。

企業組織の場合,いくら立派な仕組みや制度があっても,活用されなければ意味がありません。崇高な経営理念,緻密な経営戦略,厳格な品質基準や業務プロセス,社内規程,最新の情報システムも,現場に落とし込まれてオペレーションプロセスまで落とし込まれていなければ,「⁠絵に描いた餅」です。

このような目に見える“⁠箱モノ⁠”に加えて,“⁠魂⁠”の部分に目を向けないと,組織としては活用や定着はありません。企業組織それぞれが,異なる企業文化や組織体質,組織風土を持っており,コミュニケーションや意思決定のやり方もバラバラなわけです。

改善のグランドデザインをコアメンバーで共有しよう
業務改善に取り組む際には,よくよく下記のような改革のグランドデザインを,中核となるメンバーと共有することが重要です。その時期は,改善の目的や目標を設定する以前の段階で行います。次回は業務改善の方法を説明します。

業務改善のヒントはこちら

0 0
Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleppy
Sleppy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です