不動産業務に革命(レボリューション)を起こすRPAとは…

不動産業務に革命を起こすRPAとは…

そもそもRPAって何?

2017年頃から急激に普及してきたRPAというワードを、詳しくは知らないけれど何となく聞いたことがあるという方は多いのではないでしょうか?

RPAとは、Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略称です。

要約すると「プロセスを自動化するロボット」という意味ですが、ちょっと分かりづらいですよね…

簡単に言うと、RPAは企業のオフィス内の事務作業や定型業務などを効率化するソフトウェアロボットです。

ホワイトカラー向けのロボット、仮想知的労働者(デジタルレイバー)とも言われています。

とは言うものの…実際に何ができるのか??

RPAは、人間がPC(パソコン)で行う定型業務であるキーボードやマウス操作そのものを自動化し、業務改善や効率化をすることを可能にします。

RPAが実装されたPC画像

 

 

幅広い業種で活用されているRPA

現在では、色々な業種でRPAが導入されています。

どんな会社が導入しているのかというと、先ず書類やデータの取り扱いが多い業種となります。

入力作業やチェック作業が多くなり、そのような定型業務が自動化するだけで、

業務の効率化や省人化といった成果が見込めるため、RPAの導入をお勧めいたします。

また、データの収集や集計、リスト化といった作業においても自動化が進めば、

人的リソースをより付加価値の高い業務へと振り分け、戦略的な活用が可能になります。

また、RPAの良いところは一般的なシステム構築より廉価・短期に導入できることも多々あります。

既存システムの改修が不要のため、現状のIT資産をそのまま活用できます。

そのため、中小企業でも現場主導で導入や活用を進め、成果を上げている例も少なくありません。

 

不動産業務とRPAの親和性

事務作業の自動化はRPAにおいて王道であり、大量の書類やエクセルデータを取り扱う不動産業務においては大きな成果を期待できます。

たとえば、管理物件の貸出業務を担っている企業では、仲介会社からFAXで送付されてくるテナント賃貸の申込情報を管理システムへ手作業で入力。

その後、契約書を作成するため、管理システムの画面を見ながら基幹システムへと情報を転記します。

この作業にRPAを使うと、管理システムからCSVファイルを出力し、基幹システムへ転記するという一連の作業を自動化。

基幹システムへの改修や機能追加をすることなく、人手による転記作業をなくし、

業務量に左右されず、計画的に業務作業を実施できる環境をつくることが可能になります。

また、その他にも帳票のPDFを社内システムからダウンロードしてメールに添付する作業や、

同システム上の記録をもとにエクセルのマクロで作成するメール本文の転記作業なども自動化することが可能です。

こうして一部の例を挙げるだけでも、不動産業務とRPAの相性は抜群に良いということが分かりますね。

 

RPAを使う事によってのデメリット

いくら便利なRPAとは言え、このような失敗事例もございます。

  • 実際に導入したけど、使いこなせない
  • RPAを作ってみたものの、思っていたものと違う
  • 思い通りにロボットが動かない
  • RPAの専任者がいない
  • RPAを使いたいが結局、内製化するのが難しい …etc

このように、便利なことは分かっていてもしっかりとRPAのことを理解していないと、

導入しても失敗してしまい業務効率化どころではなくなってしまうケースもあります。

そのため、ただ導入すれば良いと言うものでも無さそうですね…

まだまだ自社で導入するにはハードルは高いかもしれませんが、しっかりと使いこなせれば便利なことは確かです。

なので業務の自動化、また改善や効率化を検討しているなら確実にお勧めの手段と言えるでしょう。

 

おススメのRPAサービスはこちら